ドキュメント 太陽の牙ダグラム

<ストーリー>
デロイアで起きた動乱のため、連邦評議会議長ドナン・カシムが捕らわれてしまう。連邦側はただちに救出隊を送る。その中には、ドナンの息子クリンの姿もあった。
だが、議事堂に突入したクリンが見たものは、反乱の首謀者フォンシュタインと肩を並べるドナンの姿だった。
この直後からゲリラ狩りが始まる。連邦側のやり方に怒ったクリンは、連邦軍に奪われたデロイア開発の新型コンバットアーマー、ダグラムを盗み返し、独立派ゲリラへと身を投じる。
半年後、革命の熱い風が渦巻くパルミナ大陸に上陸したとき、クリンは一人前のゲリラ戦士となっていた。やがて辺境のウルナ基地で起こったデロイア人兵士たちの反乱をきっかけに、ゲリラは解放軍となり、大きな力をつけてゆく。ついにスタンレー高原の激戦を制し、パルミナの中心地ドガ市に進軍する。動乱から一年あまりを経て、革命の指導者サマリン博士は人民解放政府の樹立を宣言するのだった。
勢いを得た解放軍は地球との唯一の連絡口・北極ポートの制圧に向かう。
だが、ドナンの秘書官だったラコックはさまざまな策謀を駆使し、人民政府のカルメルを引き入れ、独立承認のかわりに停戦を実現する。
こうして形ばかりの独立を手に入れるのと引き替えに、クリンは、病に倒れたドナンを失うのだった。
策謀家ラコックは、カルメルを自在に操り、デロイアでの権力をその手に握ったかに見えた。
抵抗するクリンたち太陽の牙もまたラコックの放った連邦軍のために全滅の危機に瀕していた。
だが、絶頂にあるラコックを一発の凶弾が襲う。
ついに戦いは終わり、武器を引き渡すときがくる。だが、クリンはそれを拒否し、自らの手でダグラムを葬るのだった。

<スタッフ>
製作:日本サンライズ・伊藤昌典
企画:山浦栄二
原案:高橋良輔、星山博之
テレビシリーズ監督:神田武幸
脚本:星山博之、富田祐弘、渡辺由自、鈴木良武
キャラクターデザイン:吉川惣司、塩山紀生
メカニカルデザイン:大河原邦男
作画:塩山紀生
美術:中村光毅
音響:浦上靖夫
音楽:冬木 透
監督:高橋良輔

<キャスト>
クリン:井上和彦
ロッキー:田中亮一
チコ:銀河万丈
ナナシ:緒方賢一
ハックル:小宮山 清
キャナリー:山田栄子
ビリー:梨羽雪子
ジョルジュ:千葉 繁
ラコック:仁内達之
レーク:池田 勝
フォンシュタイン:蟹江栄司
サマリン:宮内幸平
ラルターフ:兼本新吾
カルメル:加藤 治
ザルツェフ:屋良有作
J・ロック:曽我部和行
ザナ:鈴置洋孝
デスタン:広瀬正志
バックス:細井重之
デイジー:高島雅羅
リタ:川浪葉子
ナレーター、ドナン:山内雅人

1983年劇場公開作品

NOW ON AIR

  • 2021
  • 10
  • 23
番組表
?
会員登録することで、お気に入り登録やプレゼント応募など、便利な機能をお使いいただけます。

ご加入のお申し込み

新作アニメはもちろん、OVAや声優オリジナル番組まで充実のラインナップ!

ご加入のお申し込み

AT-Xを
?

AT-Xを契約しているかしていないかで、ご案内する内容の切り替えを行います。

※ 手動で切り替えが可能です。
※ メンバーズクラブでご登録のAT-X視聴情報とは連携しておりません。