落語天女おゆい

落語天女おゆい
放送スケジュール
2006年12月5日(火)スタート
毎週月~金曜
19:30/25:30
【30分×1話】
落語芸術協会75周年記念企画

人気芸人が多数出演!

言葉の力・江戸風俗が魅力的に描かれる!

<ストーリー>
月島唯、飛鳥山雅、谷中妙、小石川鈴、内藤晶、千石涼は現代に生きる普通の女の子。
そんな唯たちに<天女>としての覚醒が訪れようとしていた。
幕末の混乱期、江戸・京・大坂では、邪が支配する都市にしようとする妖魔・妖怪との戦いが繰り広げられていた。
その戦いに天女として戦うために唯たちは幕末に召還されたのだ。
かつて言葉は言霊と言われ、「言葉には力がある」とされてきた。
将来、落語家になろうとしていた唯は、言霊の力を理解し、すぐに「落語天女」(言霊天女)として覚醒する。
唯のライバル飛鳥山雅は、唯との対抗意識から、同じ「落語天女」に覚醒する。
その他、谷中妙が曲芸・奇術などを用いて戦う「神楽天女」に、小石川鈴が古今東西の戦術を駆使して作戦を指揮する「計略天女」に、内藤 晶がカラクリを使って戦う「機巧天女」に、千石涼が剣術を使って戦う「剣客天女」に覚醒する。
唯たちを導くのは、近代落語の祖と言われた三遊亭圓朝や平賀源内、土方歳三といった実在の人物。そんな師と出会い、江戸の様々な風物に触れて人間としても成長していく唯たち。
人に心を閉ざしていた唯たちの仲間・谷中妙も長屋の人々の温かさに触れて、次第に心を開いていく。
折しも江戸を守る結界が、敵の手により破られようとしていた。結界が破られれば江戸は魔都となってしまう。
唯たちは言葉の力を磨き、邪悪な力と立ち向かうのだ。
  
・出典落語
「目黒のさんま」「強情灸」「時そば」「牡丹灯籠」「寿限無」
「化け物使い」「あたま山」「たがや」「抜け雀」「高田馬場」
「幾代餅」「浮世床」「火事息子」「長屋の花見」「死神」ほか

<スタッフ>
原作:桂歌若
監督:高本 宣弘
脚本:頼経 康史
キャラクター原案:堀越 和音
キャラクターデザイン/総作画監督:大島 美和
アニメーション制作:ティー・エヌ・ケー
協力:(社)落語芸術協会
製作:落語天女製作委員会

<キャスト>
月島 唯:後藤 沙緒里
飛鳥山 雅:小島 幸子
谷中 妙:沢城 みゆき
小石川 鈴:清水 愛
千石 涼:小林 ゆう
内藤 晶:野田 順子
三遊亭 圓朝:堀内 賢雄
平賀 源内:てらそま まさき
小笠原 左京:真殿 光昭
小笠原 右京:石田 彰
ポン太:小島 めぐみ
お銀(江戸天女):富沢 美智恵
桂歌丸:桂歌丸
小遊三:三遊亭小遊三

テレビ東京2006年1~3月放送作品 全12話

★「落語天女おゆい」公式サイト★

NOW ON AIR

  • 2020
  • 8
  • 5
番組表
?
会員登録することで、お気に入り登録やプレゼント応募など、便利な機能をお使いいただけます。

視聴方法のご案内

新作アニメはもちろん、OVAや声優オリジナル番組まで充実のラインナップ!

視聴方法のご案内

AT-Xを
?

AT-Xを契約しているかしていないかで、ご案内する内容の切り替えを行います。

※ 手動で切り替えが可能です。
※ メンバーズクラブでご登録のAT-X視聴情報とは連携しておりません。