北へ。~Diamond Dust Drops~

北へ。~Diamond Dust Drops~
放送スケジュール
放送終了
広井王子原作のゲーム『北へ。~Diamond Dust~』のアニメーション化作品の登場です。ゲームに登場した女性キャラクター達を主人公にpureな物語をお届けします。

<スタッフ>
原作:広井王子/監督:ボブ白旗/シリーズ構成:山口亮太/音楽:五木田岳彦/キャラクター原案:NOCCHI/キャラクターデザイン:千葉道徳/音響監督:小林克良/アニメーション制作:スタジオディーン

<キャスト>
茜木温子:石原絵理子/白石果鈴:高梁碧/朝比奈京子:能登麻美子/北野スオミ:天瀬まゆ/催馬楽笙子:高乃麗/原田明理:渡辺明乃

第1話「~函館~茜木温子 前篇」
北の町、函館。朝市を駆け抜けていく娘、彼女の名前は茜木温子。市場の人たちに明るく挨拶を返しながら、忙しげに働いている。夕暮れ時、「茜木鮮魚店」の店先に立っている温子の前にふと現れた常連客・倉田。倉田からジャズのCDを手渡され、嬉しさを隠せない温子に、「妙な噂が流れたら困るだろ」と母親の早苗が横から口を出す。そのとき一本の電話が。老舗旅館・神宮司からの配達の注文だ。配達に向かった温子を待っていたのは、神宮司の御曹司、実だった。

第2話「~函館~茜木温子 後篇」
母・早苗と口論の末、温子は土砂降りの中、家を飛び出して行った。倉田の部屋を訪れ、倉田の胸に飛び込み泣き崩れてしまう温子。倉田のマンションで風呂につかる温子の頭に、母親の声が響く…。「世の中、好きってだけじゃどうしようもない事だってあるんだよ…」風呂から出た温子に、倉田は缶ビールを手渡す。温子は倉田に自分の素直な胸のうちを話しはじめた…。

第3話「~北見~白石果鈴 前篇」
北見の病院で入院中の少女、白石果鈴。
果鈴は自然気胸を患い、外出もままならない。そんな果鈴の唯一の楽しみは、自身のHP「KARIN夢の図書館」で自作の童話を発表することだった。
新任研修医の甘粕は、手術を頑なに拒む果鈴に対して、それは甘えだと厳しく言い放つ。落ち込んでしまっていた果鈴の元に、一通のメールが届く。それは果鈴のHPのファンからのメールであった。果鈴の知らない外の世界を教えてくれるそのメールは彼女の心を躍らせ、やがて果鈴は彼からのメールを心待ちにするようになる。

第4話「~北見~白石果鈴 後篇」
果鈴は「あなたのファン」からの写真と同じものを甘粕の机で見つける。「あなたのファン」は甘粕だと確信した彼女は、診察に入ってきた彼を意識して、真っ赤になりうつむいてしまう。
引き続き届く「あなたのファン」からのメールを読んで、笑顔になる果鈴。しかし、ふと思い出し、「手術か・・・。」とつぶやく彼女の心に浮かんだのは、幼いころに亡くした父親のことだった。そのとき、甘粕を窓の外に見かけた彼女は、彼を追って一人車椅子で外に向う。甘粕の姿を見つけ、近づこうとすると、甘粕は一人ではなく・・・。愕然とする果鈴は、再び発作を起こしてしまう。

第5話「~札幌~朝比奈京子 前篇」
木々が生い茂る公園の一角で、大学のシネマ研究会が映画の撮影をしている。演技の途中で女優・美希の携帯電話が鳴り、悪びれずに電話で話し続ける美希。監督の京子は彼女から強引に携帯を奪い取ると、電話を切ってしまう。撮影は再開したものの、京子の度重なる駄目出しについに美希は怒り出す。見かねて美希をかばう部長に対し、京子は「この映画の監督は誰?」と言い返して、撮影を中止してしまう。
京子は帰りの電車でもコンテのチェックに余念がない。
改札から出てマンションへ向かう京子に、自転車に乗った青年・ユウが手を振る。ユウの顔を見てほっとした京子は、つい今日の撮影の愚痴をこぼしてしまう。

第6話「~札幌~朝比奈京子 後篇」
撮影したシーンを確認しようとした京子は、何も写っていないモニターを見て愕然とする。「何これ…」呆然とする京子。無言のユウ。モニターを見つめていた京子は、そのまま崩れ落ちてしまった…。
翌日―。シネマ研究会部室。ビデオが録画されていなかったことを、皆に詰問する京子。しらばくれるスタッフ。部室を出た京子を追いかけてきた部長に、京子はシネマ研究会を辞めることを伝えた。
帰りの電車内。あと一ヶ月に迫った映画祭の書類を見つめる京子。自宅に戻った京子は、ユウに撮影助手を頼んだ。一人で映画を撮ることにした京子。それを見守るユウの目は心配そうに曇っていた…。

第7話「~旭川~北野スオミ」
公園の噴水前。
スケートシューズを肩にかけた男の子、晴人と公太が、言い争っている。やがて公太が、走り去る。その後姿に悪態をついていた晴人だが、一人になると悲しげな表情に。涙を浮かべた彼が顔を向けると、見知らぬ女性がー。慌てて涙をぬぐい、ポプラ並木を歩き出す晴人についていく彼女。彼は、走って逃げようとするが、転んでしまう。そんな晴人に向かって、シュークリームを差し出す彼女。晴人はその笑顔に息を飲んだ。シュークリームをほおばる晴人にお茶を渡した彼女は、「これはナンパです」と宣言し、晴人を動物園に連れ出した。動物園を楽しむ二人。ふと、何事かを思い出し、「大嫌いだ、スケートなんて」とつぶやく晴人。その言葉の理由を聞いた彼女は複雑な表情で、彼を見つめるのだった…。

第8話「~札幌~催馬楽笙子 前篇」
FMラジオ局のブース内―。
女性DJが、キューの合図とともに明るく語りだした。
「催馬楽笙子のカプチーノブレイク!」 
一方―地下街。
イヤホンをかけた男が、笙子の番組を聞いている。「それでは、次のFAXです。ラジオネーム、レディオ・ボーイさんから」ラジオから流れてくる笙子の声に、その男は薄ら笑みを浮かべる。その夜、笙子は恋人と待ち合わせしていたが連絡が取れず、仕方なく帰宅した。
翌日のラジオ局で、笙子はスタジオに置いてあったお気に入りのサンドイッチにかぶりつく。が、その場の誰もそのサンドイッチを買っていないことがわかる。その時、ラジオ局の警備員の前を通り過ぎる男の姿が。彼は、耳のイヤホンに指を触れると、再び歩き出した…。

第9話「~札幌~催馬楽笙子 後篇」
「レディオボーイ」から突然送られた恋人との思い出の花、ひまわりの花束に、愕然としていた笙子だったが、とりあえず花瓶に生けてFM局に向かう。笙子がスタジオで、ままならない恋人との関係について思い悩んでいると、不審な物音がする。気がつくと、見知らぬ紙袋が置いてある。そこには「笙子さま」という宛名があり、中には昨日の放送で話した温泉の素が。それは、またしてもレディオボーイからのプレゼントだった。その後も続くプレゼントに恐怖心を抱いていた笙子だが、ラジオで話した通りのプレゼントが届くことを次第に楽しむようになって行く・・・。

第10話「~帯広~原田明理 前篇」
和菓子店・柳庵に「いらっしゃいませー」と明るく響く声。声の主は原田明理。ドジをしながらも元気に働く彼女を、周りの店員たちが微笑んで見守っている。店へ入ってきた青年の顔を見て明理の顔が曇ってしまう。しきりに話し掛けてくる元店員の黒川に困惑顔の明理。店員の池田が黒川に注意するが、彼は聞く耳を持たず、店を出て行ってしまった。そんなとき、店の奥で電話が鳴った。それは明理あての電話。「・・・え、父が?」電話の相手に平謝りした後、受話器を置いた明理は、深いため息をついた・・・。

第11話「~帯広~原田明理 後篇」
医師に父の容態を尋ねた明理は、その答えにショックを受ける。父に残された時間はわずか。家に帰って、一人悩む明理。自分は父親のために何ができるのか・・・。
翌日、見舞いに行った彼女は、父に、かねてより父が望んでいた砂金掘りに連れて行ってくれるようにと頼んだ。喜ぶ父。医師は反対するが、黒川も、自分もついて行くからと頼み込み、ようやく許可が下りた。そして念願の、砂金掘りの日がやってきた・・・。

最終話「ダイヤモンド・ダスト・ドロップス」
ボストンバックを抱え、函館駅で列車に飛び乗った温子。スオミは降りしきる雪の中を、ある場所を目指し、歩き始めていた。
雪の山道を、車で進んでいる果鈴と兄は道に迷い、地図を広げている。札幌雪祭り会場の特設ブースでは、カプチーノブレイクを生放送中の笙子が声を張り上げている。京子は、新千歳空港のロビーで、仲間と共に映画撮影のために雪がやむのを待っている。同じ空港の土産物屋では明理がアルバイトに精を出している。そして、何か思いつめた様子で、ぶつぶつ独り言を言いながら道を歩いている、十郎太。
雪降る北海道のある日、様々な思いを胸に抱く彼らの元に、奇跡が降ってきた……。

全12話

NOW ON AIR

  • 2020
  • 11
  • 26
番組表
?
会員登録することで、お気に入り登録やプレゼント応募など、便利な機能をお使いいただけます。

ご加入のお申し込み

新作アニメはもちろん、OVAや声優オリジナル番組まで充実のラインナップ!

ご加入のお申し込み

AT-Xを
?

AT-Xを契約しているかしていないかで、ご案内する内容の切り替えを行います。

※ 手動で切り替えが可能です。
※ メンバーズクラブでご登録のAT-X視聴情報とは連携しておりません。